ホームメニューコマンドCSVEditor メニュー編集メニュー
  CSVEditor 2 > メニューコマンド 索引

ファイルメニュー

ほかのプログラムでも見かけるよくある機能の中に、特別なメニュー項目がここにあります:

選択部分から新規作成

開いている書類の行を1行でも選択していると、前の書類から選択した行だけを抜き出した、別の (新しい) 書類を作成することができます。 これを使えば、例えば、既存のスプレッドシートで検索、フィルターした結果から新しい CSV スプレッドシードを即座に作成することができます。

ペーストボードから新規作成

Mac OS X のペーストボードの内容から直接、新規 CSV データを作成することができます。

エンコーディングを変更して開き直す

既存の CSV ファイルを開く際に間違ったエンコーディングを選択してしまったら、別のエンコーディングで同じファイルを簡単に開き直すことができます。 現在の書類は閉じられ、すぐに新たに選択されたエンコーディングで開き直されます。

挿入

書類を開いていたら、別の書類をそこに挿入することができます。 挿入される書類のデータは、自動的に既存の書類の最後へ追加されます。

書き出す

[このセクションはまだ翻訳されていません。]
The CSV file can be exported with changed parameters without any influence on the normal saving. As an option, only selected rows are being exported.


著作権 © DSD.net (Home)
最終更新日 7 月 5, 2017

ホームメニューコマンドCSVEditor メニュー編集メニュー